各部の名称と働き

本体

前面

image

番号

名称

働き

1

電源/ 節電ボタン

本機の電源を入/ 切します。

参照

2

操作パネル

操作に必要なボタン、ランプ、タッチパネルディスプレイがあります。

参照

3

本体内蔵型IC カードリーダー(オプション)

IC カードでユーザー認証するときに使います。IC カードをタッチすると、登録されたユーザー情報が本体に読み込まれ、機械がユーザー認証します。

補足
  • 機械が低電力モードで節電中にIC カードをタッチすると、節電状態は解除されます。ただし、スリープモードに移行した場合は解除されません。詳しくは、節電状態から復帰する を参照してください。

4

ドラムカートリッジ

感光体がセットされています。

5

トナーカートリッジ

トナーが入っています。

6

フロントカバー

消耗品交換や清掃を行うときに開けます。

7

用紙トレイ5(手差し)

用紙トレイにセットしていない用紙、またはできない用紙(厚紙などの特殊用紙)をセットできます。

8

用紙トレイ

用紙をセットします。

補足
  • 用紙トレイ2、3、4はオプションです。

9

排出トレイ

コピーやプリントされたものが排出されます。

10

原稿ガラス

原稿をセットします。

11

原稿カバー

原稿を押さえます。

12

自動両面原稿送り装置

原稿をセットします。

参照

左側面部、および背面

image

番号

名称

働き

1

定着ユニット

トナーを用紙に定着させます。

2

転写ロール

トナーを用紙に転写するためのローラーです。

3

両面出力ユニット

両面印刷をするためのユニットです。

4

背面カバー

紙づまりの処置、消耗品交換や清掃を行うときに開けます。

5

電源コネクター

本機の電源ケーブルを接続します。

6

セキュリティースロット

盗難防止用のケンジントンロックを取り付けます。

7

FDIコネクター

EPシステムを利用している場合に、EPアクセサリーを接続します。

補足
  • 詳しくは、弊社のカストマーエンジニアにお問い合わせください。

8

USB3.0 インターフェイスコネクター

プリンター用のUSB ケーブルを接続します。

9

Ethernet インターフェイスコネクター

ネットワークケーブルを接続します。

10

無線キットソケット

無線キット(オプション)を使用する場合は、ここに取り付けます。

11

USB2.0 インターフェイスコネクター

4Gnet-BOXを接続します。

12

LINEコネクター

電話回線(回線1)を接続します。

13

PHONEコネクター

お手持ちの電話を接続できます。電話機以外の機器(ファクスなど)は接続しないでください。

原稿送り装置

image

番号

名称

働き

1

原稿送りトレイ

原稿をセットします。

2

原稿ガイド

原稿の端をそろえます。

3

左側カバー

原稿づまりを処置するときに開けます。

4

原稿受けストッパー

排出された原稿の飛び出しを防ぎます。

5

原稿受け

原稿が排出されます。

6

原稿読み取りガラス

原稿を読み取ります。

7

原稿カバー

原稿を押さえます。